そろそろ夏なので・・・な話でも。

今週は遅番で、定時までに仕事のカタがつかずサービス残業をやってまいりました。

ちなみに遅番の終業時刻は23時。
この時点で当然みんな帰りたいものなのです。

仕事が忙しい時期はそこそこ頻繁にやるのですが、やる時はほぼ一人で会社に残ってやっていきます。
(誰かと一緒に残ったという記憶は一定期間を除いてありません。)

想像してみて下さい。
誰も居ない会社内で騒音がうるさくて物音すら満足に聞き取れない状況。
23時過ぎに一定距離以内でないと気配すら感じ取れない環境でたった一人で作業。


過去にこんな事がありました。
定時になっても仕事が終わらず、仕方なく残業。
(この当時は残業手当がちゃんと出ました)

個人的に忙しい時期だったので2~3種類の仕事が残っていました。
通常の仕事と、議事録作成と、別の資料作成。

やっとの思いで仕事が一段落して通常の仕事の方を見に行こうとPCルームから工場へ出た瞬間


視界にハッキリとした人影が!!!



と思ったら、警備会社の人でした。www

「こんばんは。○○の警備会社の者ですが残業ですか?」と。

いつもの時間になってもセキュリティがONにならないので様子を見に来たとの事でした。

「スミマセンでした。今度から遅くなりそうな時は事前に連絡を入れます。」と謝罪。


というよりも


心臓バックバクだから。(;^ω^)

この瞬間はかなりビビリます。
なにせ明らかに視界に人が映るもので。w


でも、こんな風に笑えない話も実はあるんです。

苦手な方も居ると思うので追記です。
あれは私があの会社に入って2~3年位の頃でした。

製品の納期がキツく、当時はまだあった早番の早出出勤から遅番の遅出出勤という感じでほぼ24時間体制で機械を動かしている時期があったのです。

その日私は遅番の遅出出勤。
遅く出勤した分遅くまでやっていくというシステム。
当時の遅番は2人体制で、私の相方はSさん。

遅番の終業時刻になりSさんは帰宅。
それからしばらくしてひと通りの仕事を終わらせて、時間になったらとっとと帰れる様に準備をしていた時でした。

当時の私は髪の毛が長く下を向いていると横方向は髪の毛で見えず、下方向しか見えない状態。

下を向いて作業をしていた時に足が私の所で止まったんです。
「Sさんが忘れ物でもして取りに来たのかな??」などと思って顔をあげるとそこには・・・






誰も居ないんです。


先程の通り、工場内は騒音がうるさく人の気配も間近にならないと感じ取れません。
誰かに用がある時はすぐ隣まで行って大声で喋ります。

この時の感じで誰かが私の所に確かに来たんです。
気配も確かにありましたし・・・。


この時ばかりはさすがにゾッとしました。



私の勤務している会社は昼夜を問わず誰も居ないハズの所に人影が見える事があります。
特に分かりやすい環境の時は遅番。

遅番は現在3人体制でやっているので他の2人の場所とは違う所で誰かが居たのを何度か目撃しております。


こんな話をしているのは実は私ひとりではなく大半の遅番後の残業経験のある人全般。

ある人は「背後から明らかな気配を感じた」と言っていたし、
また違う人は「誰かが遠くで『オーイ!、オーイ!』と呼んでいた」と言うし。

後者は私も経験した事があります。

騒音がうるさい工場内なので、誰かを手っ取り早く呼ぶ時はこんな感じで『オーイ!』と呼びます。

その時の呼ばれ方と同じ様に呼ばれるのです。

これは結構頻繁にありました。


時々深夜に暇を持て余した社長が様子を見に来て同じ様に呼ばれる事もありますが・・・。w


私の感覚では社内での出現ポイントは5箇所ほど。

以前2ちゃんねるに載っていた方法で、「霊体を感じれる奴は、感覚じゃなくて視覚の方に集中してみろ!」
「そしたら見えるから」

とあったので、感覚的に感じた時に実践。

微かに見えたのがいわゆる”兵隊さん”でした。

全身傷と包帯だらけでボロボロ。
兵隊のゾンビっぽいのを想像していただければそれに近いと思います。


感じれるけど見たことは無いという方は試してみると見えると思います。
「ここに居る!」と感じた所の気配を探りながら視覚を集中すると見えると思います。


そう言えば、会社の近くのとある寮で、数年前に頻繁に霊障があってお祓いをしてもらったって聞いておりました。
目撃されていたのは”ずぶ濡れの兵隊さん”だったそうです。
夜中に枕元を「グジョ・・・グジョ・・・」と歩きまわっていたそうです。

第二次大戦中にここで空爆があったとは聞いた事がありません。

それともそれ以前か??


もしくはこの辺まで逃れてきたが力尽きたとか・・・。


でも、一番気になるのが・・・


普通に働いている様に見えるんだよな・・・。

自身が死んだ認識はなく、あの会社で働いているつもりでいるのかな・・・。


もしくは守っているか。



あの会社・・・


おかしい程強運なんだよな・・・


トップがあれで今でも会社が保っているのが何よりもの証拠。

傾けばオイシイ仕事が舞い込んでくる。

景気が悪くなれば景気の良い分野の仕事の依頼がガンガン。

震災が起これば放射能関係で使用すると思われる製品の注文がバンバン。
(実は今日も残ってやっていた仕事がこれ↑)


目に見えない力が働いているとしか思えない。


でも、兵隊さんからはあんまり良い感じの印象は受けなかったな・・・。
正直グロかったし。




ところで・・・



兵隊さん。

あんた一体誰なんだ!?


コメント

自分も高校時代には夜遅くまで学校に残っていたので、暗くて何にも見えない空間を歩いて楽しんでいたりしましたよ!
でも、心霊現象に出会えなかった…なんでですかね><
どうせなら何か変なものに会いたかったです…
roiさんはそういったものに出会えて?羨ましいです!
そういえばどうでもいい話なんですけど、一度だけ友達と一緒に学校に残ってて、鍵を閉められて窓から脱出したなんてこともありましたw

とりあえず、お仕事お疲れ様です!
Re: タイトルなし
>>ヨウさん

イヤイヤ・・・。心霊現象など体験しないに越したことはないですよ。
くっついてこられると厄介ですしね。(;^ω^)

かなりヤバめの話も聞くので、興味本位で”心霊スポット”で肝試しなどしないで下さいね。


私は逆パターンで、休日の学校に行ったら鍵の開いている窓があってそこから侵入して校舎内で遊んだ経験がありますよ。w
当時中学生だったので見つかったとしても怒られるだけで済んだのでしょうけれど、立派な”不法侵入罪”ですね。www

コメントの投稿

非公開コメント


バロメーター
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
アクセスカウンター
閲覧者数
現在の閲覧者数:
リンク