仕事が出来ない人ってのは・・・

昨日の役所での出来事。

先日の車検証の住所変更の記事の続きなのですが、車屋に勤務している従兄弟から「印鑑証明と住民票の除籍があれば大丈夫みたいだから取っておいて」との事だったので市役所に行って来ました。

印鑑証明は住所を置いてある市区町村で当然取りますが、住民票の除籍というのがイマイチ理解していなかったので先日と同じ方にお聞きしたところ、「10年ほど前に住んでいたお隣の市で取る」との事。

「でも、記録が果たして残っているかどうか・・・」との返答。

使用用途などを説明して、先日と同じ書類を進められたのでその辺も説明。

らちがあかないのでとりあえず印鑑証明だけ取ったのですが、その話を聞いていた隣の職員さんが

「ご結婚なさる前の住所なら、お父様の戸籍の方に載っているこれで事が足りますか?」

と、まさに欲しかった書類を提示してくれました。

「以前取った戸籍謄本はroi様がご結婚なさって、お父様の戸籍から抜けた後からのものですのでその時の住所が出ていなかったんですよ。」
と親切に説明してくれました。



確かに。

結婚する時に確かに親の戸籍から抜けました。w


でも・・・


隣で話を聞いていた人の方がしっかり把握しているってどういう事!?


私と対話していた方はそこまで気が(頭が)まわらなかった様です。
この手の書類はそうそう引っ張りだす事が無いのだから、メカニズムをしっかり把握していて欲しい物です。





ちなみに我社でもこんなことが・・・。


口先だけは達者なSさんがおります。

勤続年数は私の倍近くになるのですが、仕事の実績は残酷なまでにボロボロ。


少々特殊な製造業なので、経験をある程度つまなければまともな仕事は出来ない機械を扱っております。

つまり、単純に言うと”経験 = 実績”でなければ努力が足りないか、才能が無いかのどちらか。
ちなみに私は後者ですお。w

私の可愛がっている後輩が完全に同業種の中で一番低いキャリアなのですが、私と先輩で仕事を叩きこんだプラス、彼の才能でそのSさんよりも腕は確か。
あくまでも経験がモノを言うので全てにおいて後輩の方が上な訳ではないのですが、Sさんに比べて後輩の方が”信頼”には値します。


現在、超特注品を請け負っていて現場内がそうとうガタガタな状態なので、何かとトラブルが発生します。

そのトラブルに私が対処していた時の事。

「○○が原因なんじゃない?そこも怪しいんだけどさ。」
「○○の××が昔は△△でこういう現象があったんだよ。」
「単なる想像だから解らないケド、何をやっても直らなければ試してみる価値はあると思うよ」

と先輩面。(;^ω^)


このSさん。実はこの部位の調整やら設定やらが大の苦手。
ここをおかしな想像で理論づけしたばかりに不良を大量発生させた張本人。

Sさんがその場を去ってから別立場の後輩に
「あの人にだけは調整方法を教わりたくはないな・・・(;^ω^)」
と言っていたらその場にいた工場長が・・・

「あいつの話は聞かねーでいいぞ」

「訳のわかんねー事ばっか言ってないで、少しは不良減らせってんだよ」と。

確かにSさんは理論派。
でもね・・・


実績作ってからお偉い事を言いましょう。


あなたのは何処まで行っても”机上の空論”なんですよ。

その考えが正しいのであれば是非実践で試してその不良率を減らして下さい。
それが我々の仕事。

あなたがどれだけ賢いかは存じませんが、「自分は頭がキレる」的な事を発言している時点で問題外。


ましてや・・・

世界規模の機械設計者よりも優れていると思った時点でただの厨二病w
(私の会社で使っている機械はドイツ産の同業種の機械の中では最高峰レベルなのだそうです。物にもよりますが同じドイツのメルセデスベンツよりも高価です)

まずは機械の設計を理解しようよ・・・。
あなたの設定は美しくないんですよ!
だからこそ不良が出る。

自身の腕を社内の誰かと競いあっても井の中の蛙。
腕比べも良いけれども我々製造業ってのは顧客が満足する物を作ってナンボ。
ギリギリ売り物になった商品で客が喜ぶわきゃないっしょ!?

それから安全マージンも分かるけどそれって単なる言い訳だからね。
出来なかった理由で「忙しかった」なんて社会人失格。

時には101%の領域に踏み込む事も必要。


そんなあなたは管理職として指名されたら”次期社長”が立ちはだかるそうですよ。
(ちなみにSさんは専務の義理の弟で、専務は社長の弟。次期社長は社長の息子)

そりゃそうだ。


自身の腕の証明の為に迷走して本質が見えなくなっている様じゃ話にならん。

そもそも・・・


腕磨く前に自分磨けよ!

社内で誰かに勝った負けたにこだわっている様じゃまだまだ・・・。




ライバルは昨日の自分。

自分に勝てないのに誰かと競っちゃダメ。

それから一目置かれたければ人の倍は努力もしないと。

”出来る”って評価はそんなに簡単にしてもらえませんよ。




と考える私は”あまり居ないタイプ”とよく評価されます。www

私は、他人の私に対する評価は気にしません。
私はあくまで”私の仕事”をするだけです。

過大評価、過小評価するのは個人の自由ですが、少々”危険(人)物”なので見誤らない事が私を上手く扱う方法。w

上手く扱ってくれる人の下だったら下働きも悪くなさそう・・・。(*^_^*)



P.S
今回の記事は愚痴じゃないからね。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


バロメーター
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
アクセスカウンター
閲覧者数
現在の閲覧者数:
リンク